PAGE TOP

  • お気軽にお電話ください TEL:052-895-7651
  • リハビリ予約専用ダイヤル TEL:052-895-7677
お気軽にお電話ください TEL:052-895-7651リハビリ予約専用ダイヤル TEL:052-895-7677

症状と治療TREATMENT AND SYMPTOMS

スポーツ外傷の応急処置「RICE」

RICEとは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲や捻挫など、スポーツでよく起こる外傷の多くに対応できる応急処置です。
処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、いざというときに実践できるようにしておきましょう。

  • Rest

    ケガをしたところを動かさず安静に保ちます。
    受傷直後の安静は腫れや炎症を抑え、出血を最小限にする効果があります。

  • Ice

    患部を氷で冷やして痛みを緩和させ、内出血や炎症を抑えます。ビニール袋や氷嚢に氷を入れ、15~20分患部を冷やします(患部の感覚がなくなる程度)。その後氷を外し、再度痛みが出てきたら冷やします。可能であれば受傷後1~3日は、2時間ごとに15~20分冷やすサイクルを3~4回行ってください。冷やしすぎると凍傷を起こすことがあります。保冷剤や冷却スプレーは冷えすぎることがあるので注意しましょう。

    受傷後数日は入浴やアルコールは控えましょう!
    (血液の循環が良くなり、炎症が強くなります。)

  • Compression

    包帯やパッドなどで圧迫をして、出血や腫れを抑えます。圧迫が強すぎると血流が悪くなったり、神経を圧迫してしまいます。患部の先が青くなったり痺れてきたら一旦圧迫を緩め、青みやしびれがなくなったら再度圧迫します。
    常に圧迫している部位から先の手や足の指の色や感覚をチェックして下さい。

  • Elevation

    患部を心臓より高い位置に保つことにより、患部に流れ込む血液やリンパ液の流れを抑え、腫れを最小限に抑えます。

カテゴリ: │ 2017年8月25日
Copyright © 2018 Seikeigeka Naruko Clinic All Rights Reserved.